20:00~MidNight
【 open 7 days a week 】
☆不定休あり

Kyoto RockBar GALAXIE500
Kyoto Rock Bar GALAXIE500 365 Days Album 035
JIM O'ROURKE「DISENGAGE」

JIM O'ROURKE「DISENGAGE」

1992年に発表されたオルークの水を主題としたアルバムは一度耳にしたら忘れることのない不気味な調子に貫かれている。『若者への溺れることの手引き』ではドローンから始まって、無機質な電子音の執拗な繰り返し、低音のうねりへと物語が語られる。次々と場面が転換するのは『湖』も同じだ。大変な世界だが不思議とエモーションを感じさせない。この乾いた感情移入を許さない音世界は、僕の馴染んだ1980年初期のバンド達の表現とはベクトルを異にしている。どうしてこの人はこんなにも覚めているのか。

豊永亮(64) 05/May/2021


ALTERNATIVE TV/THE GOOD MISSIONARIES「SCARS ON SUNDAY」

ALTERNATIVE TV/THE GOOD MISSIONARIES「SCARS ON SUNDAY」

1979年のアルバムVIVING UPツアー時のライブ録音。中心にあるのはペリーの歌で、それを成り立たせる演奏はパンクを超えてフリーの領域に踏み込んでいる。刺激的で気骨あふれるパフォーマンスが前衛ごっこになっていないのは、彼らが様々な試みを等身大の表現に手繰り寄せて練りだした結果だろう。バンドはパンク調の曲を求める聴衆の暴力によりツアー途中にバンド名の変更を余儀なくされた。西洋人の凶暴性は僕には理解できない。くそだ。アルバム最後に会場の騒然とした様子が収められている。

豊永亮(63) 05/Mar/2021


KATE BUSH「DREAMING」

KATE BUSH「DREAMING」

1982年発表の傑作。圧倒的なケイトの歌から伝わってくる感情の振り幅は大変なものだ。あたかも彼女はこのレコードに彼女の人生を封じ込めようとしたかのようだ。重たいアルバムだが、真に聴くに値する音楽とはそのようなものではないだろうか。何故なら俺たちはそれぞれの人生に忙しすぎてつまらないものに付き合っている時間がないからだ。ケイト流の精緻なアレンジメントの背後に様々な音楽からの影響を感じ取ることができる。「ドリーミング」は不思議なレゲエでその最たるものだ。

豊永亮(62) 22/Feb/2021


Kyoto Rock Bar GALAXIE500

Kyoto Rock Bar GALAXIE500

Kyoto Rock Bar GALAXIE500 Back Number
Kyoto Rock Bar GALAXIE500 Back Number 016
Kyoto Rock Bar GALAXIE500 Back Number 017
Kyoto Rock Bar GALAXIE500 Back Number 018
Kyoto Rock Bar GALAXIE500 Back Number 019
Kyoto Rock Bar GALAXIE500 Back Number 020
Kyoto Rock Bar GALAXIE500 Back Number 021
Kyoto Rock Bar GALAXIE500 Back Number 022
Kyoto Rock Bar GALAXIE500 Back Number 023
Kyoto Rock Bar GALAXIE500 Back Number 024
Kyoto Rock Bar GALAXIE500 Back Number 025
Kyoto Rock Bar GALAXIE500 Back Number 026
Kyoto Rock Bar GALAXIE500 Back Number 027
Kyoto Rock Bar GALAXIE500 Back Number 028
Kyoto Rock Bar GALAXIE500 Back Number 029
Kyoto Rock Bar GALAXIE500 Back Number 030
Kyoto Rock Bar GALAXIE500 Back Number 031
Kyoto Rock Bar GALAXIE500 Back Number 032
Kyoto Rock Bar GALAXIE500 Back Number 033
Kyoto Rock Bar GALAXIE500 Back Number 034
Kyoto Rock Bar GALAXIE500 Back Number 035
Kyoto Rock Bar GALAXIE500