20:00~MidNight
【 open 7 days a week 】
☆不定休あり

Kyoto RockBar GALAXIE500
Kyoto Rock Bar GALAXIE500 365 Days Album 034
SONIC YOUTH「KILL YR. IDOLS」

SONIC YOUTH「KILL YR. IDOLS」

なんとも禍々しい音楽だ。ブンブンうなったり、ぐにゃぐにゃにチョーキングされたり、不気味な音階のアルペジオが奏でられるツイン・ギターがキム・ゴードンの高ぶった感情を加速させる。フリー・ミュージックからの感化なのか、ひとつの頂点に向かうアンサンブルは今にも爆発しそうな緊張感に満ちており、激しい感情の吐露の末にはカタルシスが訪れる。タイトル曲と『ブラザー・ジェイムズ』の感性は突き抜けている。ボブ・バートの図太くタイムを切り刻むドラミングが素晴らしい。1983年発表

豊永亮(59) 18/Sep/2020


HAL WILLNER「AMARCORD NINO LOTA」

HAL WILLNER「AMARCORD NINO LOTA」

高校生の時、ジャケットの色っぽさに購入した。フェリーニは知っていたが、プロデューサーのハル・ウィルナーの名は知らなかったし、このレコードの演者達のこともほとんど知らなかった。このレコードでフリーのスティーヴ・レイシーを初めて聴いたが、繊細極まりないソプラノ・サックスを吹く人が何者であるのかを認識したのは大分後のことだった。レイシーの演奏からW・フィッシャー指揮によるメドレーへの流れは何回聴いてもはっとさせられる。コロナで亡くなったウィルナーの冥福を祈ります。1981年作

豊永亮(58) 11/Sep/2020


Kyoto Rock Bar GALAXIE500

Kyoto Rock Bar GALAXIE500

Kyoto Rock Bar GALAXIE500
Kyoto Rock Bar GALAXIE500 Back Number
Kyoto Rock Bar GALAXIE500 Back Number 016
Kyoto Rock Bar GALAXIE500 Back Number 017
Kyoto Rock Bar GALAXIE500 Back Number 018
Kyoto Rock Bar GALAXIE500 Back Number 019
Kyoto Rock Bar GALAXIE500 Back Number 020
Kyoto Rock Bar GALAXIE500 Back Number 021
Kyoto Rock Bar GALAXIE500 Back Number 022
Kyoto Rock Bar GALAXIE500 Back Number 023
Kyoto Rock Bar GALAXIE500 Back Number 024
Kyoto Rock Bar GALAXIE500 Back Number 025
Kyoto Rock Bar GALAXIE500 Back Number 026
Kyoto Rock Bar GALAXIE500 Back Number 027
Kyoto Rock Bar GALAXIE500 Back Number 028
Kyoto Rock Bar GALAXIE500 Back Number 029
Kyoto Rock Bar GALAXIE500 Back Number 030
Kyoto Rock Bar GALAXIE500 Back Number 031
Kyoto Rock Bar GALAXIE500 Back Number 032
Kyoto Rock Bar GALAXIE500 Back Number 033
Kyoto Rock Bar GALAXIE500 Back Number 034