20:00~MidNight
【 open 7 days a week 】
☆不定休あり

Kyoto RockBar GALAXIE500
Kyoto Rock Bar GALAXIE500 365 Days Album 033
Takuji Naka / Tim Olive「THE NEW ATTRACTIVE」

Takuji Naka / Tim Olive「THE NEW ATTRACTIVE」

中琢爾(テープ、スプリング・リバーヴ)とティム・オリーブ(クレジットにはmagnetic pickupsとあるが、何回か私が見たライヴ演奏から察するに、これはテーブルに寝かせた、弦を数本張ったギターと思われる)による2013年録音の即興演奏。隙間から漏れ出る空気の様な音や金属の物体がぶつかる様な音、すり鉢に何か硬いものを擦り付けているような音の重なり合いはプリミティヴな肌触りがあるが、全ての音は電気処理されていて未来的な響きもある。決して聴き飽きることがない深みのある演奏だ。

豊永亮(55) 14/Aug/2020


Built to Spill「plays the songs of Daniel Johnston」

Built to Spill「plays the songs of Daniel Johnston」

2017年ダニエル ・ジョンストンの最後のツアーでバックバンドとして演奏したビルト・トゥ・スピル。
バンクーバーでのライブ前リハーサルを兼ねて録音された音源が発売されました。
全曲ダグが唄うダニエルのカバー集。愛に満ち心地よい脱力感溢れるアルバム。

17/Jul/2020


ゴダイゴ「ガンダーラ」

ゴダイゴ「ガンダーラ」

1978年放映のドラマ「西遊記」のテーマ曲は13歳だった当時強く印象に残っていた。繊細なドラミングを中心としたリズムセクションと折り重なるギターの分散和音、控えめに鳴り続けるキーボード、この世には存在しないユートピアへのはかない希求がつづられる歌。新型コロナ・ウィルス感染の脅威にさらされる今この歌がこころに染み入る。曲の終盤のキーボード・ソロのマイナーな調子にドイツのCANの名曲「ヴィタミン・C」のキーボード・ソロをかたよった私的音楽体験から連想する。

豊永亮(54) 11/Jul/2020


Kyoto Rock Bar GALAXIE500

Kyoto Rock Bar GALAXIE500
Kyoto Rock Bar GALAXIE500 Back Number
Kyoto Rock Bar GALAXIE500 Back Number 016
Kyoto Rock Bar GALAXIE500 Back Number 017
Kyoto Rock Bar GALAXIE500 Back Number 018
Kyoto Rock Bar GALAXIE500 Back Number 019
Kyoto Rock Bar GALAXIE500 Back Number 020
Kyoto Rock Bar GALAXIE500 Back Number 021
Kyoto Rock Bar GALAXIE500 Back Number 022
Kyoto Rock Bar GALAXIE500 Back Number 023
Kyoto Rock Bar GALAXIE500 Back Number 024
Kyoto Rock Bar GALAXIE500 Back Number 025
Kyoto Rock Bar GALAXIE500 Back Number 026
Kyoto Rock Bar GALAXIE500 Back Number 027
Kyoto Rock Bar GALAXIE500 Back Number 028
Kyoto Rock Bar GALAXIE500 Back Number 029
Kyoto Rock Bar GALAXIE500 Back Number 030
Kyoto Rock Bar GALAXIE500 Back Number 031
Kyoto Rock Bar GALAXIE500 Back Number 032
Kyoto Rock Bar GALAXIE500 Back Number 033